さかわ観光協会 公式 ホームページ|さかわの街をそぞろ歩き

牧野公園ニュースバックナンバー


牧野公園は、佐川町出身の植物学者・牧野富太郎博士により贈られた ソメイヨシノの苗を植えたことを契機に桜の名所として整備されてきました。 そして幾度かの桜の老木化と再生事業を繰り返し、現在も桜の再生に取り組んでいます。併せて、牧野博士ゆかりの植物を楽しんでもらう公園として、10カ年計画でリニューアルを進めています。



(2016/11/22)
暦の上ではもう冬ですが、まだまだ世間は秋真っ只中!あちこちで見られる紅葉が素敵です♪
牧野公園ではリンドウも一段落し、今はさまざまなキク類が見頃を迎えています!野路菊(ノジギク)、島寒菊(シマカンギク)、山白菊(ヤマシロギク)や堆金菊(タイキンギク)など、自生や植栽含め、それぞれ個性あるお花が楽しめますよ♪
ちなみに、昭和10年に「新・秋の七草」というものが選定されていますが(※参照)、そこで牧野富太郎が挙げたのは「菊」でした。発見・命名したの菊の種類もたくさんあり、菊は牧野博士ゆかりの植物です(^^) 
その他の植物は写真でご紹介☆(写真は11/15〜21のもの)
みんなで作った新たなベンチも加わり、牧野公園さらに進化中です!みなさん、のんびり散策を楽しんでくださいね♪
※昭和10年10月1日、東京日日新聞夕刊で「新秋七草の賦」を連載。当時の名士7名にそれぞれ1種の秋の草花を挙げてもらうというもの。コスモス(菊池寛),キク(牧野富太郎),アカマンマ(高浜虚子),ヒガンバナ(斎藤茂吉),オシロイバナ(与謝野晶子),ハゲイトウ(長谷川時雨),シュウカイドウ(永井荷風)を選んでいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
野地菊(ノジギク)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キク科
牧野博士の命名種☆
花:11月頃

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
島寒菊(シマカンギク)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キク科
牧野博士の命名種☆
薬用としても使用され、漢方では菊花(キクカ)といいます。
花:11〜12月頃

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山白菊(ヤマシロギク)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キク科
牧野博士の命名種☆
牧野公園内に自生し、いたるところで可愛く咲いています!
花:9〜11月頃

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
吾木香(ワレモコウ・吾亦紅)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
バラ科ワレモコウ属
野山に楚々と伸びている姿は、情緒と季節感に溢れています♪地味ですがファンの多いお花です(^^)
花:9〜11月頃




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
恵比須神社前の紅葉(11/17)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
紅葉も現在見頃を迎えています♪


ライン

(2016/8/12)
連日暑い日が続いてますね!一雨降ってくれないかと恋しく思っていますが、なかなかそうもいかないですね・・。
牧野公園では、崖百合(タキユリ)のほうもだいたい終わりを迎え、一足先に女郎花(オミナエシや)男郎花(オトコエシ)など、秋のお花もチラチラ咲き始めました♪
今は大きく目立つお花は少ないですが、ゆっくり見てみると黄蓮華升麻(キレンゲショウマ)や、檜扇(ヒオウギ)、狐の剃刀(キツネノカミソリ)など、少しずついろいろなお花が楽しめますよ♪
みなさん暑さ対策をしっかりして、夏の公園散策を楽しんでくださいね♪
※ただ今公園内では道を整えるための工事を行っていますので、時々工事車両が出入りしたり、道が悪くなっているところもあります。ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力を宜しくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
黄蓮華升麻(キレンゲショウマ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宮尾登美子原作の小説「天涯の花」で、有名になったお花です☆この植物をめぐって、牧野博士が矢田部教授を痛烈に批判したという過激なエピソードもありますが、お花はおしとやかで愛らしいです♪
牧野博士の命名種☆
花:6〜9月頃

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
女郎花(オミナエシ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オミナエシ科
秋の七草の一つ♪
名前は、男郎花(オトコエシ)に対して、全草が優しいので女性に例えていう。
花:6〜10月頃

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
男郎花(オトコエシ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オミナエシ科
名前は、女郎花(オミナエシ)に対立させる形で、より強豪であることを男性にたとえたもの。
花:8〜9月頃



(2016/7/23)
牧野公園では、崖百合(タキユリ)が今まさに見頃を迎えています☆(7/22の高知新聞にも掲載されました!)
漢字の通り、山肌の崖のようなところに自生するタキユリ。牧野公園では圧倒的な花数で咲き誇り、意味こそ違いますが、その様子はまさに山肌から流れ落ちる滝のようです!!
昨年はイノシシの食害で開花直前に大打撃を受けましたが、今年は被害も無くきれいに咲いています(^^)
その他の植物は写真でご紹介します♪(写真は7/21撮影)
みなさん熱中症に気をつけて、飲み物片手にどうぞ公園散策を楽しんでくださいね♪
※ただ今公園内では道を整えるための工事を行っていますので、時々工事車両が出入りしたり、道が悪くなっているところもあります。ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力を宜しくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
崖百合(タキユリ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
環境省レッドデータブックで、絶滅危惧二類に指定。
高知県を中心に生育し、土佐弁で崖を意味する「タキ」が名前の由来とされる。
公園内花見棟周辺がおすすめポイントです!!
花:7〜8月上旬

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山百合(ヤマユリ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タキユリに混じって、数株咲いています☆
花:7月頃

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
野萱草(ノカンゾウ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ユリ科
斗賀野地区に自生しています。住民の方々が大切に守り育てている株を、少し分けてもらいました(^^)
花:7月頃

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
黄蓮華升麻(キレンゲショウマ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宮尾登美子原作の小説「天涯の花」で、有名になったお花です☆この植物をめぐって、牧野博士が矢田部教授を痛烈に批判したという過激なエピソードもありますが、お花はおしとやかで愛らしいです♪
牧野博士の命名種☆
花:6月〜9月頃





(2016/7/1)
牧野公園では夏のお花が続々と咲き始めています♪
では今週の見頃のお花トップ3をご紹介します☆
1番目は蜈蚣蘭(ムカデラン)!その姿は名前の通りムカデにそっくり!!
2番目は黄蓮華升麻(キレンゲショウマ)。今は咲き始めなので、これから約2ヶ月間、お花を楽しむことが出来ます♪
3番目は野萱草(ノカンゾウ)と藪萱草(ヤブカンゾウ)。元気な黄色とオレンジ色のお花が公園内で目を引きます☆緑豊かな牧野公園に、どうぞみなさん遊びに来てくださいね♪
※ただ今公園内では道を整えるための工事を行っていますので、時々工事車両が出入りしたり、道が悪くなっているところもあります。ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力を宜しくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
蜈蚣蘭(ムカデラン)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お花は5ミリぐらいの、とっても小さなランです。
名前の通りムカデのような姿で、木や岩の表面を這うように生長していきます!
花見棟のソメイヨシノの幹でただいま満開です。
牧野博士の命名種☆
花:7月頃

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
黄蓮華升麻(キレンゲショウマ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
宮尾登美子原作の小説「天涯の花」で、有名になったお花です☆この植物をめぐって、牧野博士が矢田部教授を痛烈に批判したという過激なエピソードもありますが、お花はおしとやかで愛らしいです♪
牧野博士の命名種☆
花:6月〜9月頃

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
野萱草(ノカンゾウ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ユリ科
斗賀野地区に自生しています。住民の方々が大切に守り育てている株を、少し分けてもらいました(^^)
花:7月頃

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
藪萱草(ヤブカンゾウ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ユリ科
八重咲きはヤブカンゾウ、一重はノカンゾウ。
花:7月頃