さかわ観光協会 公式 ホームページ|さかわの街をそぞろ歩き

田中光顕

志を継承し、維新を生き抜いた田中光顕
動乱の幕末期を生き抜いた証人
真心の赤土坂に まちあわせ いきてかへらぬ 誓なしてき
元宮内大臣で、動乱の幕末期を駆け抜け、生き抜いた最後の生き証人としても知られる田中光顕(たなかみつあき)は、天保14(1843)年、土佐国高岡郡佐川村(現在の佐川町)に、深尾家の家臣、浜田金治の息子として生まれました。
郷校・名教館で学び、叔父・那須信吾の影響を受け、文久元年(1861)、武市半平太を盟主とする土佐勤王党に入党。
3年後の元治元年(1864)には、同志らと土佐を脱藩。その時の決意を詠んだのが冒頭の句です。
以後田中は長州へ脱藩し、志士としての活動に奔走します。
坂本龍馬らとともに力を尽くした志士活動時代
坂本龍馬や中岡慎太郎らとともに薩長同盟の実現に尽力。
龍馬と慎太郎が暗殺された際、現場に駆け付けた一人としても知られています。
明治政府にて長きにわたり活躍
明治新政府では、陸軍少将、初代内閣書記官長、警視総監などの要職を歴任。明治31(1898)年からは、12年間という長い間宮内大臣をつとめました。
無念の同志たちの功績を復活させた郷土の偉人
政界引退後は、維新で亡くなった志士たちの顕彰に殊に尽力します。
志士たちの顕彰を目的として、武市半平太の雅号を冠した「瑞山会」を結成し、記念碑建立や伝記の編集を進めるなど、志半ばでこの世を去ったかつての同志らの地位や名誉を回復するための活動を熱心に行いました。
この活動の中で残された遺族の名誉を回復し、さらに生活面でも救済しており、当時困窮していた武市の妻・富とその家族は田中光顕の活動により救われたと言います。
さらに、田中が集めた資料の多くは、青山文庫(現佐川町立青山文庫)に寄贈され、いまも当時の貴重な記録として展示されています。
無念の同志たちの功績を復活させた郷土の偉人は、昭和14(1939)年、97年の生涯を終えました。
従一位勲一等伯爵。号は青山。
脱藩志士集合の地赤土峠 脱藩志士集合の地赤土峠
元治元年( 1 8 6 4 )8月1 4日、浜田辰弥(後の田中光顕公)橋本鉄猪、池大六、伊原応輔、那須守馬の五名赤土峠に集合。仁淀川を渡り、横畠から清水、稲村路を辿り黒森山、池川から用居を経て伊予に越え、大洲から安芸の宮島へ渡るといって船を雇ったが、沖へ出ると一刀を抜き放ち船頭に突きつけ「この船を長州へやれ、、、、」かくて船は海上一路に長州三田尻の港に進んだという。
田中光顕生誕の地 田中公園 田中光顕生誕の地 田中公園
橋本鉄猪、池大六の屋敷地跡を田中が買い取り、大正2(1913)年に記念碑が設けられて公園となった。碑文には、青山文庫の前身、川田文庫を設立した川田豊太郎の名も見られる。表の「田中光顕公宅跡」の書は、山口県出身の山県有朋、裏の文字は、三野村(現佐川町)出身で逓信省に勤めた土居通豫が書した。

高岡郡佐川町甲上郷

青山文庫 青山文庫
江戸時代中期に作られた旧深尾家家臣土方家の庭園、九如園 江戸時代中期に作られた旧深尾家家臣土方家の庭園、九如園。
深尾重愛所用陣羽織 深尾重愛所用陣羽織
田中光顕書 田中光顕書
「酒蔵の道」から牧野公園方面へ、南に曲がると、高台に見えてくるのが、「青山文庫(せいざんぶんこ)」です。
ここには、江戸時代の佐川の様子を知る貴重な手がかりとなる、領主深尾家に関する資料などが多数展示されています。
明治43(1910)年に当時の佐川郵便局長、川田豊太郎の私設図書館として創立。大正14(1925)年、その活動に感銘を受けた佐川町出身の田中光顕が基金や蔵書などを寄贈し、幕末の貴重な資料も多数収蔵した博物館として発展してきました。
「青山文庫」の“青山〞は、田中光顕の雅号から付けられたものです。
田中光顕は、土佐勤王党に加盟し、陸援隊で中岡慎太郎を補佐。維新後は宮内大臣を長期間務めるなど要職に就きながらも、幕末維新の生き証人として、志士の顕彰などに務めました。
夢半ばで倒れた坂本龍馬や中岡慎太郎、武市半平太などの志士たちの書状や画など、同時代を生きた者の手で伝えられた資料群には、歴史の重みが感じられます。