さかわ観光協会 公式 ホームページ|さかわの街をそぞろ歩き

バックナンバー

牧野公園(桜の開花状況)

イベント情報

363件中、1115件を表示中。
≪前の5件 次の5件≫
1234573
掲載日:2018年07月16日瑞応の盆踊り(高知県保護無形民俗文化財)

佐川町黒岩瑞応で一年も休まず踊り続けて450年。
今年もまた、山間に太鼓の音が響き渡ります。
踊り、唄とともに盆踊りの輪が広がります。
夜店も出店しますので、ぜひ皆様お誘いあわせの上、お越しください。

*瑞応の盆踊り(高知県保護無形民俗文化財)
 約450年以上前から、黒岩地区瑞応の瑞応寺境内で奉納される盆踊り。豊年を祝って、豊穣の感謝を神にささげ奉納するために踊る仁淀川流域の代表的な盆踊りで、この種の踊りは豊年踊りとも言われ、コリャセ、千本、絵島、万才、サリトテの5通りの演目がある。


日 時  8月16日(水)18:00〜21:00頃 
     (18時から祭典、19時から踊り開始)
     ※雨天決行
場 所  佐川町瑞応寺(高岡郡佐川町瑞応133)
主 催  瑞応寺の盆踊り保存会
     (問い合わせ先 細木 090−8280−8938)

☆--------------------------------------------------☆

瑞応の盆踊り
◆練習日のご案内◆
練習日   【8月】8日、10日、12日
時間     各日19時〜
練習場所   瑞応寺(公民館)
対 象    地区内外・県内外を問わずご参加頂けます。

☆--------------------------------------------------☆

瑞応の盆踊り(高知県保護無形民俗文化財)
掲載日:2018年07月16日庄田鯨坂八幡宮夏祭り 前夜祭

黒岩地区庄田「鯨坂八幡宮」で毎年行われる宵祭り。

毎年、本祭(神事)が8月15日に、前夜祭(出店などのお祭り)が8月14日に行われます。
庄田鯨坂八幡宮はおよそ 1,100年前(平安時代)からの歴史があり、夏祭りは100年以上続いています。

お祭りの日はたくさんの絵馬灯篭が田んぼ道に並び、日が落ちると八幡宮の入口までを幻想的に照らします。午後2時からは子供向け宝探しもあります。
午後6時よりオンチャーズ演奏・盆踊り・カラオケ・夜店開始。



◆日時   8月14日(火)14:00〜21:00くらい
◆場所   庄田鯨坂八幡宮(〒789-1216 高知県高岡郡佐川町庄田 )
◆主催   庄田地区自治会
◆問合せ先 0889-22-1541
      庄田自治会長 谷脇さん

※駐車場はございません。

掲載日:2018年07月14日謹んで大雨災害のお見舞いを申し上げます

この度の豪雨により被害を受けられました皆様に
謹んでお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧と、皆様のご健康を心からお祈り申し上げます。

平成30年7月14日
(一社)さかわ観光協会

掲載日:2018年07月10日佐川町観光大使 小野大輔さん応援企画

【佐川町観光大使 小野大輔さん応援イベント】

.

 平成29年度より佐川町観光大使に就任された小野大輔さんのご協力により完成した「さかわ・上町音声ガイド」の㏚イベントを開催します!
 7月21日、22日に『小野大輔 Live Tour 2018 「DREAM Journey」』が高知市で開催されます。それに合わせて、観光大使の故郷でもある佐川町まで足を伸ばしてくださる方々のために、おもてなしをご用意しました♪
.

☆--------------*--------------☆--------------*--------------☆

開催期間◆平成30年7月20日(金)〜23日(月)まで

時  間◆9:00〜17:00 (カフェ◆10:00〜16:00)

場  所◆さかわ観光協会 及び 上町周辺

料  金◆入場無料 ※音声ガイド等の利用料は通常通り

*--------------☆--------------*--------------☆--------------*

〜おもてなし内容〜

 1. 観光大使任命式会場の再現(撮影スポット)
 2.旧浜口邸カフェ イベント限定メニュー (1日10食限定)
  ・枡ティラミス
  ・オリジナルコースター※コールドドリンクをご注文の方にプレゼント
 3. イラスト展示(アマチュアイラストレーター)
 4. 佐川町観光大使用 名刺の無料配布(限定300枚)
 5. 株式会社はりま家 グッズ・食品の販売


皆様、お誘い合わせの上ぜひお越しください 😉

掲載日:2018年07月08日【伝統行事】加茂聖神社の火文字

〜夏の風物詩〜
加茂聖神社の火文字
7月22日(日)日没後 7:30頃〜

毎年旧暦6月15日の週の日曜日の夕方から神社境内北面に提灯で、氏子により火文字が画かれます。
この風習がいつ頃どのような理由で始まったかは定かでないが、
江戸時代から続くと伝わっており、加茂地区の夏の風物詩になっています。
JR土佐加茂駅周辺の県道からもご覧いただけます。

場所:加茂聖神社
主催:聖神社 氏子
問合せ先:0889-20-9302 (集落活動センター 加茂の里)

363件中、1115件を表示中。
≪前の5件 次の5件≫
1234573