さかわ観光協会 公式 ホームページ|さかわの街をそぞろ歩き

バックナンバー

牧野公園(桜の開花状況)

イベント情報

274件中、610件を表示中。
≪前の5件 次の5件≫
1234555
掲載日:2018年08月10日【高知大学出前公開講座】第4回 不動ヶ岩屋洞穴と縄文時代の暮らし

 9月5日(水)から4回にわけて佐川町名教館にて高知大学出前公開講座が開催中!

 第4回目の講座は「不動ヶ岩屋洞穴と縄文時代の暮らし」についてです。
佐川町に所在する不動ヶ岩屋洞穴は、国史跡に指定された縄文時代の遺跡として、宿毛市宿毛貝塚ととおに著名です。不動ヶ岩屋洞穴は氷期後の温暖化が進んだ縄文時代早期の遺跡です。
「洞穴・岩陰遺跡」「周囲の縄文時代遺跡」「佐川町の事前と遺跡」といった脈絡の中で、不動ヶ岩屋洞穴の特徴を考えてみます。


◇-------------◇-------------◇-------------◇-------------◇

受講料/無料
第4回 10月17日(水)
10:00-11:45(閉講式含む)
受講料/無料
定 員/30名
場 所/名教館
講 師/人文社会科学部講師 宮里 修
申込締切/10月16日(火)
申込先/佐川町教育委員会
    0889-22-1110
※当日の参加も可能ですが、できるだけ事前にお申込下さい。
主催:高知大学
共催:佐川町教育委員会

◇-------------◇-------------◇-------------◇-------------◇

【高知大学出前公開講座】第4回 不動ヶ岩屋洞穴と縄文時代の暮らし
掲載日:2018年08月10日【高知大学出前公開講座】第3回 漢学者山本憲と清末の変法派人士の交流

 9月5日(水)から4回にわけて佐川町名教館にて高知大学出前公開講座が開催中!

第3回目の講座は「漢学者山本憲と清末の変法派人士の交流」についてです。
(1)山本憲が1897年に清朝を旅行しそこで見た中国、(2)その時面談した汪康年、梁啓超等の知識人(変法派)が翌年クーデター(戊戌政変)に敗れ日本に亡命した際、山本が関係各界に彼らの保護支援を訴えた活動、又その過程で、(3)亡命者の一人王照が高知の地を踏み、日下村等で交流したこと等々について紹介させていただきます。


◇-------------◇-------------◇-------------◇-------------◇

受講料/無料
第3回 10月10日(水)
10:00-11:30
受講料/無料
定 員/30名
場 所/名教館
講 師/人文社会科学部教授 吉尾 寛
申込締切/10月9日(火)
申込先/佐川町教育委員会
    0889-22-1110
※当日の参加も可能ですが、できるだけ事前にお申込下さい。
主催:高知大学
共催:佐川町教育委員会

◇-------------◇-------------◇-------------◇-------------◇

【高知大学出前公開講座】第3回 漢学者山本憲と清末の変法派人士の交流
掲載日:2018年08月10日【高知大学出前公開講座】第2回 鳥の巣石灰岩から探るジュラ紀末の佐川

9月5日(水)から4回にわけて佐川町名教館にて高知大学出前公開講座が開催中!

 第2回目の講座は、「鳥の巣石灰岩から探るジュラ紀末の佐川」です。
佐川町の鳥の巣、下美都岐、襟野々付近には、大小の石灰岩体が点々と小山を作る独特の景観がみられます。石灰岩は、温暖な気候の下で、砂や泥が堆積せず、サンゴ礁が発達するような浅い海にできるのが普通ですが、鳥の巣石灰岩は石灰岩自体に泥が含まれているだけでなく、石灰岩体を取り巻く地層にも泥岩が多く、陸上植物の遺体も多量に含まれるなど、その形成環境をめぐって謎が多いまま今に至っています。
 最近になって、高知大学の研究により、この長年の謎の一端が解けてきたのでその研究結果を紹介します。

◇-------------◇-------------◇-------------◇-------------◇

受講料/無料
第2回 9月12日(水)
10:00-11:30
受講料/無料
定 員/30名
場 所/名教館
講 師/理工学部教授 近藤 康生
申込締切/9月11日(火)
申込先/佐川町教育委員会
    0889-22-1110
※当日の参加も可能ですが、できるだけ事前にお申込下さい。
主催:高知大学
共催:佐川町教育委員会

◇-------------◇-------------◇-------------◇-------------◇

【高知大学出前公開講座】第2回 鳥の巣石灰岩から探るジュラ紀末の佐川
掲載日:2018年08月10日【平成30年度 高知大出前公開講座 in佐川町】第1回 言語地図から読み解く高知方言  

 9月5日(水)から4回にわけて佐川町名教館にて高知大学出前公開講座が開催されます。

第1回目の講座は「言語地図から読み解く高知方言」です。
この講座では、言語地図を手がかりに高知方言の特徴を考えます。「雨が降りゆうと「雨が降っちゅう」のような西日本方言の一員としての高知、「ぐっすり」のように古い時代の日本語を活用する高知など、ことばの面から高知の様々な姿に迫ります。

◇-------------◇-------------◇-------------◇-------------◇

受講料/無料
第1回 9月5日(水)
10:00-11:45(開講式含む)
受講料/無料
定 員/30名
場 所/名教館
講 師/教育学部准教授 岩城 裕之
申込締切/9月4日(火)
申込先/佐川町教育委員会
    0889-22-1110
※当日の参加も可能ですが、できるだけ事前にお申込下さい。
主催:高知大学
共催:佐川町教育委員会

◇-------------◇-------------◇-------------◇-------------◇

【平成30年度 高知大出前公開講座 in佐川町】第1回 言語地図から読み解く高知方言  
掲載日:2018年07月16日瑞応の盆踊り(高知県保護無形民俗文化財)

佐川町黒岩瑞応で一年も休まず踊り続けて450年。
今年もまた、山間に太鼓の音が響き渡ります。
踊り、唄とともに盆踊りの輪が広がります。
夜店も出店しますので、ぜひ皆様お誘いあわせの上、お越しください。

*瑞応の盆踊り(高知県保護無形民俗文化財)
 約450年以上前から、黒岩地区瑞応の瑞応寺境内で奉納される盆踊り。豊年を祝って、豊穣の感謝を神にささげ奉納するために踊る仁淀川流域の代表的な盆踊りで、この種の踊りは豊年踊りとも言われ、コリャセ、千本、絵島、万才、サリトテの5通りの演目がある。


日 時  8月16日(水)18:00〜21:00頃 
     (18時から祭典、19時から踊り開始)
     ※雨天決行
場 所  佐川町瑞応寺(高岡郡佐川町瑞応133)
主 催  瑞応寺の盆踊り保存会
     (問い合わせ先 細木 090−8280−8938)

☆--------------------------------------------------☆

瑞応の盆踊り
◆練習日のご案内◆
練習日   【8月】8日、10日、12日
時間     各日19時〜
練習場所   瑞応寺(公民館)
対 象    地区内外・県内外を問わずご参加頂けます。

☆--------------------------------------------------☆

瑞応の盆踊り(高知県保護無形民俗文化財)
274件中、610件を表示中。
≪前の5件 次の5件≫
1234555